« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月18日 (日)

2020「第3回 神楽殿寺子屋」の開催

10月18日の第3回 神楽殿寺子屋 『樹木医の役割 -三春滝桜の保存-』 は、前回に引き続き移動寺子屋として市民交流センターtetteルーム501で開催いたしました。

資料は「滝桜を次の千年に伝えるために」(三春滝ザクラ天然記念物再生事業の概要:福島県三春町)と「樹木医の仕事」(日本樹木医会)、そしてパワーポイントで三春滝桜の歴史や樹木医の仕事・取り組みなど専門的でありながらわかり易く学ぶことができました。

また一般家庭の樹木の手入れ法などについてもとても勉強になりました。

今年は残念ながら新型コロナでゆっくり花見ができませんでしたが、来春こそは先人たちが後世の私たちのために植えてくれた桜を愛で楽しみたいと思います。

31_20201103224401 32_20201103224701 33_20201103224701 34_20201103224701 3_20201103224701 3_20201103224702 3_20201103224801

 

 

2020年10月16日 (金)

2020 福島空港公園イベント『花のまちづくり推進事業』~パンジーを寄贈

今日は8月に種子蒔きしたパンジーの第4回目、プランターへの植付けの日でした。
福島空港公園イベント『花のまちづくり推進事業』に知る古会会員が参加し、福島空港公園事務所・樹木医の鈴木俊行先生の指導のもとパンジーの花を育てました。
10月16日は秋の景色を満喫しつつ、メンバー14名が参加し、福島空港公園事務所よりまちづくりに活用してほしいと貰い受けた2000本のマリーゴールドを須賀川警察署、JR東日本須賀川駅、須賀川郵便局、須賀川商工会議所、上北町商店振興会、宮先町商店街振興組合、中央商店街振興組合、馬町通り商店街組合、四丁目町内会、NPO法人チャチャチャ21、ワークショップすかがわ、NPO法人すばる、須賀川発祥の地の13ヶ所へお配りしました。     
パンジーの花が新型コロナ禍の中、見る人に安らぎと明るさを与えてくれたらと思います🌾🍂🌾🍂🌾
21016 21016_20201016224801 21016_20201016224802 210161 210162 210163 210164 211016

2020年10月 1日 (木)

2020「第2回 神楽殿寺子屋」の開催

9月27日の第2回 神楽殿寺子屋 『 亜欧堂田善と須賀川派の画家』 は、初めて移動寺子屋として市民交流センターtetteルーム501で開催いたしました。
準備期間が短かかったにもかかわらず、新聞等で知ったという当日参加者も多数あって、新型コロナ会場制限満席の25名で実施することができました。
亜欧堂田善は地元では小学校の校歌にも謳われ良く知られている江戸時代の銅版画家ですが、白河藩主松平定信に見出された後の作品が一般的です。永山氏は『須賀川・石川・岩瀬の歴史』監修や長年「広報すかがわ」に地域の先人や歴史文化について執筆されていたので、田善(永田善吉)が14歳で描いた奉納絵馬や江戸屋敷から地元に戻ってからの作品等、また弟子・孫弟子と言われる〝田善派〟〝須賀川派〟の画家について詳しく知ることができました。
氏の郷土史家として長年の実績や知見も伺うことができ、大変貴重な神楽殿寺子屋となりました。
21_20201002205901 2_20201002210001 2_20201002205901 2_20201002205902 22_20201002210801  24  2_20201002210901
 
 

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »